飲食店用制服を作成するメリット【視覚的に安心感を与える効果】

既製品とオーダー品

女性

サイズと名入れ

小さな飲食店だと、マスターとママぐらいで営業しているところもあります。でも少し規模が大きくなると、ホールスタッフだけでも何人かいる時があります。アルバイトだと入れ替わるので、10人から数十人ぐらいの従業員がいるところもあります。ふたっふが多いところでは、店員が私服だと客と店員の区別がつきにくくなります。その時は制服を用意した方がいいかもしれません。上に羽織るものだけでもあると、客が店員を区別できるようになります。飲食店が制服を購入するとき、どんなお店で購入するのが良いかです。実店舗は都市部ならそれなりにありますが、地方だとあまりないかもしれません。最近はネットから注文できるので、ネットの業者を利用するケースが多いかもしれません。まず飲食店の制服では既製品を販売してくれるお店があります。カタログがあり、それから選べるようになっています。お店によっては、既製品以外にオーダー品に対応してくれるところもあります。飲食店の制服を購入するお店では、必要なサイズがそろっているかどうかがあります。既製品だと既存のサイズから選ぶことになるので、サイズの種類が豊富なお店の方が利用しやすいでしょう。お店で統一感を出したいなら、お店の名前を入れると良いかもしれません。既製品でも、お店の名前を名入れしてもらるところがあります。さらに店員の名前の名入れをしてくれるところもあります。名入れをしてもらうときに納期がどうなるかなどの確認をしておいた方が良いでしょう。

Copyright© 2018 飲食店用制服を作成するメリット【視覚的に安心感を与える効果】 All Rights Reserved.